2007年09月28日

射撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

射撃(しゃげき)は、遠くの的に銃や弓矢を向け、的を打ち抜くこと。狩猟、戦闘、あるいはスポーツとしてこれを行う。今日では特に、実弾を使う銃で行うものを指すことが多い。
【PR】お金の知識クレー射撃
飛行中のクレー(クレーピジョン)を散弾銃で撃ち落とし、その枚数によって点数を競う競技。
銃規制の厳しい日本では諸外国に比べ普及率は消して高いとは言えないが当然国内でも行われている。専用の射撃場もそれなりの数があり、年齢、性別を問わず楽しんでいる人も多い。ただし、日本の銃刀法があるので、クレー射撃に使う散弾銃を所有するためには、それなりの手続きが必要である。警察の窓口で申し込み、初心者講習会・教習射撃の受講、銃の申請をし、公安委員会から所持許可を得て、保管用ロッカー等を整えた後に所有することになる。さらに、精神状態等についての定められた条件も満たしている必要がある。

1922年、クレー射撃の大会が日本ではじめて行われた。「全日本クレー射撃選手権」(トラップ競技)が猟友会主催で行われたのがそれ。1964年には、オリンピック第18回東京大会のクレー射撃競技が埼玉県所沢の射撃場で行われた。

ライフル射撃
クレー射撃が飛翔中の的を狙って撃つのに対し、ライフル射撃では決められた距離に固定されている的を狙い点数を競う。
国際的な標準の距離は空気銃10メートル、スモールボアライフル50メートル、ビッグボアライフル300メートルであるが 国内でのラージボアライフルは射場設備の関係で300メートルよりも短い距離で行われる場合も多い。 狩猟用途でライフル銃を所持するのには散弾銃での10年以上の経験を必要とするが、競技用ライフルは空気銃での競技から始め、 所定の段級位をとって日本体育協会より競技者としての推薦を取ることによりスモールボアライフル、ビッグボアライフルとステップアップ出来る。

例外的に体験射撃を許可された一部の射撃場では、無資格者も空気銃に限り設置されている貸し銃を使用した実銃射撃が許可されている。


ピストル射撃
日本ではけん銃の所持に大変厳しい規制があるため普及しているとは言い難いが日本ライフル射撃協会の主管によりピストルによる射撃競技も行われており、国体の正式種目でもある。
日本体育協会よりの推薦で競技用けん銃、空気けん銃の所持が可能であるが、推薦枠は全国でエアピストル500人、装薬ピストル50人と狭き門である。
おのずと所持許可者には(特に装薬ピストル)警察官、自衛官が多いが民間人での競技選手も少数いる。


ビームライフル
エアライフル競技に使われる空気銃は玩具ではなく公安委員会の所持許可が必要な実銃である。 これに対し低年齢者や所持許可を持たない者の入門用として光線銃を使用する日本独自の競技としてビームライフルがある。 また設置場所も公安委員会の指定を受けたライフル射場以外でも使用できるので射撃部のある高校等でもさかんに利用されている。 競技は10メートルでのエアライフルに準じたルールで行われ、国体の正式種目でもある。
近年、より高精度なデジタルシューティングシステムが開発され注目されている。




posted by room at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ競技の一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。