2007年08月24日

スポーツチャンバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポーツチャンバラとは、日本において行われていたチャンバラごっこに、警察で行われている逮捕術の型の要素と安全性とルールの導入によりスポーツ(武道)として確立させたものである。略称はスポチャン。創始者は田邊哲人(現・国際スポーツチャンバラ協会及び社団法人日本スポーツチャンバラ協会会長)
【PR】ぼくらの資格
その昔、遊び道具として現代のようなテレビゲームが存在しなかった頃、友達と遊ぶ遊びとしてチャンバラごっこがあった。男の子も女の子もみな、棒きれを探してきては剣にみたて、それでよくチャンバラごっこをしたものである。しかし、次第に時代の流れというのか、木の棒で戦いあっていたりすると、「勉強の方が大事だ」「危険だ」「怪我をする」などと言われるようになってきた。そのような年代の少年少女たちも、成長しいつしかチャンバラごっこをしなくなった。

そこで、より安全にしかも健康的にと云う観点から、ルールや用具の開発が進められた。現在においても、進化し続けている。

スポチャンのルールはいたって簡単、十分な威力で相手の身体のどこでも良いので剣で斬る(叩く)というのである。いわゆる、「どこを打ってもよいが、どこを打たれてもいけない」というもの。1人対1人でやる「対戦」から、1人対多人数、多人数対多人数といった多人数対戦を「乱戦」、より人数を増やして30人対30人や50人対50人の「合戦」といった対戦方式もある。また、より遊び心を付け加えた30人程度で行い、周りにいる全員が敵と想定し戦う、「サバイバル」がある。

用具も、面と剣、楯があり、剣は安全と公平さを期すため、全世界共通のエアー(空気)を使う。面は、目や耳といった、衝撃に弱い部位を保護するように作られている。また、得物(武器)にも色々種類があり、短刀 (45p) ・小太刀 (60p) ・長剣 (100p) ・杖 (140p) ・棒 (210p) ・槍 (190p) ・ナギナタ (210p) と、自分の好みのものを選ぶことが出来る。

これらの得物を使い、各種目ごとに分かれて戦うのである。種目も、短刀の部、小太刀の部、楯小太刀の部(楯と小太刀を持って戦う)、長剣の部、両手長剣の部(試合中は攻撃動作、防御動作としての片手持ちを禁止)、二刀の部(小太刀と長剣を持って戦う)、異種の部(得物自由で何を使ってもよい)があるので、大会の規模で最大三種目と上限が決められることはあるものの、好きな種目に参加することができる。

国内競技団体は日本スポーツチャンバラ協会。国際競技団体は国際スポーツチャンバラ協会。



posted by room at 21:45| スポーツ競技の一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。