2007年04月20日

ブルーカラー

ブルーカラー(Blue-collar 青い襟)は、主に現場の作業員など現業系や技能系の職種(主に肉体労働が主体)を指す。対義語はホワイトカラーが挙げられる。

これに属する職種では、雇用側から提供される制服や作業服の色に青系が多いことから付けられた。これに類するとされる職種は土木・建築関係や、運転手・工場・メカニックエンジニア(整備工・修理工)等多岐に渡る。

(特に土木や建築に従事する職業の場合は「土方(どかた)」と呼ばれたこともあったが、現在では職業に対する差別的な意味合いがあるとされるため、使用されない)

なおこの「青系の制服・作業服」であるが、機械油や塗料、埃などの汚れを伴うことが多いため、汚れが目立たないよう青や灰色などの色が好まれる傾向にあったが、特に汚れにまみれることの少ない職場(家電製品や電子機器、半導体の組み立てなど)では、特に労働者の心理的な環境に配慮し、明るいパステルカラーの作業着を採用している事もあって、必ずしも青や灰色の服装であるとは限らない。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より出典

zsazさんのブログ





posted by room at 23:13| 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。