2007年12月28日

アルペンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルペンスキーはヨーロッパアルプス地方で発展したスキー技術である。アルペン(Alpine)とは、「アルプスの」という意である。

ビンディングの違いからノルディックスキーとは別々に発達したスタイルである。雪の斜面をターンを繰り返し、ときには直滑降をおり混ぜつつ滑べる。
[PR]モンスター
斜面は斜度0度から40度以上までのさまざまな斜度で構成されるが、大半の愛好者は斜度10度ぐらいから20度ぐらいまでを好む。滑走速度はレジャー目的では40km/hから60km/h程度までだが、高速系競技では100km/hを越える。

大半の愛好者はスキー場で滑走するが、自然の整備されない山を登って滑べり降りる山岳スキーの愛好者も多い。
posted by room at 23:04| Comment(5) | TrackBack(4) | スポーツ競技の一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

カヌーポロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カヌーポロ(Canoe polo)は、1人乗りのカヌー(ポロカヤック)に乗って水上で行うハンドボールとバスケットボールを融合したようなスポーツで、ボールは水球で使用されているものと同様のものを用いる。カヤックポロ(Kayak polo)と呼ぶ国もある。水球と共に「水上の格闘技」と呼ばれる激しいスポーツである。
[PR]高齢者 住宅
カヌーポロの起源はドイツ、イギリスといわれており、日本でも徐々に競技者人口が増えている。国体・オリンピックは非種目だが、2004年に愛知万博記念大会として愛知県三好町で世界選手権、2005年にはワールドゲームズで大会が開催され、日本代表女子が3位に入賞した。

1チームは8名で構成され、実際コートに入りプレイをするのは5名、残りの3名は交代要員として(随時交代可)コート外で待機する。ボールを持っているプレーヤーの体を押すことが出来るなど、非常にエキサイティングなスポーツである。試合は通常7分又は10分ハーフで行われる。コートは縦約20メートル・横約40メートルであり、湖や川、海などでも競技をすることが出来る。 


ラベル:カヌーポロ
posted by room at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ競技の一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。